お問い合わせ

脱毛なのに毛が増える?知っておきたい脱毛のリスク一覧

脱毛なのに毛が増える?知っておきたい脱毛のリスク一覧

プロや医師がおこなう脱毛施術であっても、少なからずリスクが存在するものです。ヒゲ脱毛を始める前に、知っておきたい『脱毛のリスク』をまとめました。

脱毛で起こるトラブルについて

脱毛では、少なからずトラブルが起こることがあります。
それは、人の肌は個人差が大きく、乾燥肌の人もいれば、敏感肌の人もいますし、アトピー体質の人もいます。

こうした個人差があるので、医療機関でも脱毛サロンでも、肌への負担が0%とは断言できない『脱毛』をすると、一部の方には何らかのトラブル(違和感を感じること)になる可能性は否定できません。

特に起こりやすい脱毛トラブルについて、美容脱毛士の立場からまとめてみましたのでご覧ください。

肌荒れ(赤み・むくみ)

特に、髭の自己処理でカミソリ負けや、敏感肌の方がなりやすい傾向にある方に起こりやすいのが肌荒れです。

普段お肌のコンディションによって、脱毛施術後に赤みやむくみ(炎症性浮腫:えんしょうせいふしゅ)の症状が出る場合があります。

医療レーザー脱毛と脱毛サロンの光脱毛では施術後、肌荒れの仕方が異なる

脱毛なのに毛が増える?知っておきたい脱毛のリスク一覧

医療脱毛施術後2日後

脱毛なのに毛が増える?知っておきたい脱毛のリスク一覧

光脱毛施術後2日後

僕と同じように脱毛後に赤くなったり、かゆくなったりする人も結構いるのではないでしょうか?

医療脱毛・脱毛サロン・自己処理脱毛に限らず、このような脱毛トラブルは起きやすいでしょう。

僕の場合は、医療脱毛を経験した時の方が赤みや肌トラブルに悩まされました。

ネット上では多くの場合『脱毛サロンNG』『ヒゲ脱毛するなら医療レーザー脱毛!』という根拠のない情報が多く散見できますが、それらはほとんど実体験のない人(ちょっと文章や表現の上手な人)によるものが多いことでしょう。
*アタクシは実際に試して、脱毛サロンを開いてしまったくらいに、男性の髭のお悩みに向き合っています

皮膚の様子がおかしいと思ったら、まずは脱毛を中止して、炎症がひどい場合は、皮膚科などに行った方がよいでしょう。

毛嚢炎(もうのうえん)

脱毛後にニキビのような炎症が発生するの場合がありますが、これは、毛嚢炎(もうのうえん)といってニキビとは発生する原因が異なります。

脱毛なのに毛が増える?知っておきたい脱毛のリスク一覧

毛嚢炎(もうのうえん)

MEMO
毛のう炎とは?
脱毛時の熱の影響で、肌本来が持っている抗菌機能が一時的に低下し、表皮に存在しているブドウ球菌が毛穴に侵入することで起こる炎症。悪化すると化膿したり、痛みを伴うこともある。

ヨナガ

程度は個人差がありますが、ヒゲ脱毛で必要以上に刺激の強い出力で照射した際に発生しやすいです。僕自身も医療脱毛を受けた際には悩まされました。
体験してわかった、はじめての医療レーザー脱毛の効果とリスク体験してわかった、はじめての医療レーザー脱毛の効果とリスク

火傷(やけど)

医療脱毛・脱毛サロンでヒゲ脱毛の主流になっている、『医療レーザー脱毛』『光脱毛』では、
光の持つ熱エネルギーを利用して髭の発毛を食い止めていきます。そのため、肌がやけどを起こさない範囲の出力で毛根部分のみに適切な熱処理をおこなわなければいけません。

出力が弱すぎると脱毛効果が得られなかったり、得られにくくなるので微妙な見極めが求められます。

脱毛効果を急ぐあまりにヒゲ脱毛に必要以上の出力を強めた施術や、施術者の経験不足によって引き起こされることが多いです。

また、後述する『うち漏れ』を避けるために、光の照射面が重なる(二度打ち)部分などにも起こりやすいです。

脱毛なのに毛が増える?知っておきたい脱毛のリスク一覧

医療レーザーでヤケドした時の画像

ヨナガ

2007年に医療レーザー脱毛で僕自身が体験した、脱毛後のヤケドです。
現代では、医療レーザー脱毛まで刺激のある光を肌に照射しなくても、毛を生えなくすることは可能ですので、ヤケドのリスクを回避するために脱毛サロンを選択するのもおすすめです。
体験してわかった、はじめての医療レーザー脱毛の効果とリスク体験してわかった、はじめての医療レーザー脱毛の効果とリスク

うち漏れ(照射漏れ)

ヒゲ脱毛したい部分に照射漏れのあることを『うち漏れ(照射漏れ)』といいます。

脱毛なのに毛が増える?知っておきたい脱毛のリスク一覧

うち漏れ・照射漏れ

使用する脱毛機の光を照射する部分の形状にもよりますが、医療レーザー脱毛の場合は照射面が『型』、脱毛サロンの業務用脱毛機の場合は照射面が『型』になっています。

それぞれ、照射面と照射面の隙間になってしまい光が照射されなかった部分から発毛してしまうことで、髭がまだらに残ってしまうリスクがあります。

ヨナガ

うち漏れのリスクを避けるには、熟練した施術者が実際に施術をおこなってくれるところを選ぶのが一番です。

硬毛化と多毛化:脱毛に通っているのに毛が濃くなる?!

ゲイが脱毛に通う際に知っておいてほしいのが【硬毛化と多毛化】のリスク。

10%未満の割合で髭や体毛の一部に脱毛用の光(クリニックのレーザー光・脱毛サロンの光脱毛・家庭用脱毛器)を照射することで、毛が濃くなる現象を起こす方がいる。

硬毛化と多毛化とは?

脱毛なのに毛が増える?知っておきたい脱毛のリスク一覧

多毛化・硬毛化の例

硬毛化
産毛のような細い毛が、太く濃い毛になる現象
多毛化
元々の状態よりも毛が増える現象

医学的にもまだ硬毛化と多毛化が一部の人に発生する原因は解明されていません。

MEMO
考えられる『硬毛化』『多毛化』の原因
レーザーや光の刺激によって、毛母細胞が活発化するからではないか?と言われています。

こうした硬毛化や多毛化は肩や上腕、背中、腰など『元々の毛が薄い部分』を脱毛した時に起こりやすいと言われています。

ヨナガ

アタクシの脱毛サロンでも、体の脱毛で3%くらいあるかどうかという頻度ですが硬毛化される方がいるのを確認しています。
*髭は硬毛化・多毛化しにくい部位ですので、リスクとしてはさらに稀と言えるでしょう

まとめ:クリニック・脱毛サロンと自己処理脱毛トラブル比較

自己処理脱毛は、お風呂に入った時などにもできるので、多くの人が行っていますが、危険性があることをご存知でしょうか?

自己処理で脱毛する事により、どのような危険性があるのか?考えてみましょう。

カミソリと毛抜きによる脱毛の危険性

カミソリや毛抜きは、手軽に自宅で行えるため、人気の高い脱毛法です。
簡単にできる方法ではありますが、肌荒れや埋没毛、毛穴の炎症や黒ずみが起こりやすい方法でもあります。

ワキが黒くなっている人がいますが、ほとんどカミソリや毛抜きの影響です。
カミソリで剃ることにより、周りの健康な皮膚を傷つける事にもなりかねません。
毛抜きの場合は、埋没毛や毛膿炎になる可能性があり、脱毛部分がまだらになることもあるでしょう。

自宅用脱毛器による脱毛の危険性

セルフ脱毛で注意しておきたいコト
  • 自宅用脱毛器によるやけど
  • 自宅用レーザー式
  • 光脱毛

最近は、様々な自宅用の脱毛器が開発され人気になっています。
自宅用の脱毛器は数万円しますが、脱毛サロンに通うよりも安いという人が多いのです。

しかし、自宅用脱毛器で肌トラブルなどが多く報告されています。

脱毛知識が全くない人が脱毛器で脱毛するので、問題になることも多いのでしょう。
脱毛サロンの光脱毛器に比べると照射レベルは低いので、回数的には、かなり多く脱毛しなくてはならないというデメリットもあるのです。

脱毛サロンの危険性について

脱毛サロンでも肌トラブルが全くないという訳ではありません。
施術箇所やお肌の状態によっては肌トラブルになることもあるでしょう。
敏感肌の方の場合、赤くなったり、かゆくなったりすることもあるでしょう。

多くの脱毛サロンでは、脱毛後、クールダウンし、トリートメントでお肌のケアをしてくれるので、限りなくトラブルは少ないと言えます。

しかし、自己処理脱毛に比べれば無理の無い脱毛を行うのでほとんどトラブルはないのです。
自己処理した方が金額的には脱毛サロンより安いですが、危険性を考えると慎重になった方が良いかもしれないのです。

脱毛サロンと自己処理脱毛トラブル比較

自己処理と脱毛サロンのトラブル比較表

やけど 黒ずみ 肌荒れ 施術 肌ケア
自己処理 なりやすい でやすい なりやすい 自分で行う 自分で行う
脱毛サロン なりにくい でにくい なりにくい プロが行う プロが行う

脱毛サロンと自己処理を比べると、圧倒的に脱毛サロンの危険性が低い事に気がつかれるでしょう。

脱毛サロンでは、毛が生える仕組みを知り尽くしているので、成長期に合わせて脱毛します。
成長期に脱毛する事で効果的に脱毛することができるのです。

プロの施術者がお肌に合わせて脱毛していくので、トラブルも少なく安全性が高いといえるのではないでしょうか?

また、家庭用脱毛器に比べると脱毛サロンの脱毛器は、痛みが少ないという人が圧倒的に多いようです。
家庭用脱毛器は、安価ですし、いつでも脱毛できますが、ものすごく痛くて脱毛できないなら脱毛効果も低くなるでしょう。

脱毛サロンならば危険性が少なく安全性も高い?

自己処理で何かトラブルが起こった場合、自分で脱毛しているので、何かトラブルが起こったりしても、自己責任になります。
自宅用脱毛器などのトラブルなら別ですが、他の方法だと誰も責任は負ってくれないのです。

その点、脱毛サロンで脱毛をしてもらい、何かトラブルが起こった場合は、脱毛サロンが責任を負ってくれます。
サロンによっては、トラブル時に対応してくれる皮膚科があるので、そちらなら費用がかからないケースもあるでしょう。

初めての脱毛ならば、安全性が高い脱毛をサロンで行った方が良いかもしれません。

脱毛サロンの脱毛で永久脱毛ができるのか?

自己処理脱毛に比べると、脱毛サロンのリスクは圧倒的に少ないと言えるでしょう。

脱毛も部分脱毛や全身脱毛がありますが、回数を繰り返すことで、限りなくムダ毛処理の回数が減ります。
ただし、医療脱毛とは違って、脱毛器の照射パワーが違う為、脱毛サロンの脱毛は永久脱毛という訳ではありません。
ですが、優秀な施術者が脱毛を行っている場合、ムダ毛が生える感覚がかなり長くなることもあるでしょう。

脱毛サロンで何度も施術して、行かなくなったけど、半年経ってもムダ毛が生えてきていないという人もいるのです。
個人差がありますので、完全に永久脱毛できるというわけではありません。
数年間生えなくても、その後うぶ毛程度の毛が生える事もあるでしょう。

脱毛サロンは自己処理より良いかも!
自己処理で脱毛している方の中には、埋没毛や乾燥肌、肌荒れなどでお困りの方もいるでしょう。

そういう方の解決法の一つに脱毛サロンがあるのではないでしょうか?

脱毛サロンに抵抗がある方もいると思いますが、依然と比べてしつこい勧誘もなく、かなりお手頃な料金で脱毛できるサロンが増えています。
自宅で自己処理脱毛をするのは、便利ではありますが、肌トラブルなどを考えると脱毛サロンの方がお得だし安全性が高いと言えるでしょう。

脱毛サロンなら、何度も通う事でむだ毛の悩みからほぼ解放される事もあるので、まずは、試しに体験脱毛をしてみるのもおすすめです。
体験脱毛に行ってみて、サロンでの脱毛がどのようなものなのか実感してみて下さい。
自己処理ではなかった、アフターケアなども充実しているので、本物のスベスベ素肌が手に入るはずです。
何度か脱毛サロンに通うと、ほとんどの人が自己処理には戻れない程、肌も良い状態になります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す