脱毛の【解約】クーリングオフの手続き方法と適応される条件を解説

FAQ 脱毛の【解約】クーリングオフの手続き方法と適応される条件を解説

美容院で髪を切ったり、カラーをしたりすれば1回で理想の髪型にはなれるけれど、脱毛は1回だけで理想の肌にはなれない。

そこで、脱毛サロンでは複数回の施術が割引価格で受けられる「本コース(月額制・10回コースなど)」を契約することが多い。

しかし、契約をしたものの…
「冷静になってみれば自分に合わないところだった」など、契約を解除したい事態に遭遇こともあるかもしれない。

そうした消費者を保護するために、契約から一定期間内であれば契約を解除する方法がある。

はがきを1枚出すだけで完了するので、お困りの事態に遭遇した場合のクーリングオフ制度の手続き方法を解説しておこう。

メンズ脱毛の解約、クーリングオフの手続き方法

クーリングオフ制度の手続きは、メールや電話ではなく、はがきを特定記録郵便で発送するのが良い。

[memo title=”MEMO”]特定記録郵便
必要事項を記入した「はがき」を郵便局の窓口に持ち込み発送する。手数料は通常の郵便料金に160円を足すだけなので、はがきの場合は、はがきの郵便料金の62円と手数料を足して222円となる。[/memo]

クーリングオフのはがき【表面】の書き方

[yoko2 responsive][cell]脱毛の【解約】クーリングオフの手続き方法と適応される条件を解説[/cell][cell]
記入内容

  • 契約書に記載されている脱毛サロンの住所
  • 契約書に記載した自分の住所
[/cell][/yoko2]

クーリングオフのはがき【裏面】の書き方

[yoko2 responsive][cell]脱毛の【解約】クーリングオフの手続き方法と適応される条件を解説[/cell][cell]
記入内容

  • 表題「契約解除通知書」と記載
  • 契約年月日:
  • 商品名:脱毛コース
  • 契約金額:
  • 販売会社:脱毛サロン
  • 担当者:
  • 支払った代金円をすみやかに返金してください。
  • 返金先口座:
    銀行 支店
    普通口座 口座番号 口座名義
  • 差し出し日:
[/cell][/yoko2]

記入内容はこのようにいたってシンプル。
納得できない脱毛の契約をしてしまった際には、ぜひクーリングオフ制度を活用しよう。

注意しておくこと

  • 必要事項を記入したはがきは、郵送する前に必ず両面(表と裏)をコピーしておく
  • はがきは郵便局の窓口で、特定記録郵便または簡易書留で出す
  • はがきのコピーと郵便局の窓口で渡される特定記録郵便受領証を大切に保管する
[say name=”ヨナガ” img=”https://akinoyonaga.com/wp-content/themes/sango-akn/img/icon-gorin.png”]はがきのコピーと特定記録郵便受領証が「クーリングオフをした」という証拠となるので、無事に返金されるまできちんと保管しておくようにしましょう。[/say]

クーリングオフ制度の適応される契約条件とは?

契約相手が脱毛サロンの場合、法人経営であっても個人経営であっても、以下の3つの条件に当てはまる契約にはクーリングオフが問題なく適用される。
*2017年12月1日より、契約相手が医療機関であっても適応されるようになった。

適応される条件

    • 契約金額が5万円を超えるもの
    • 契約期間が1ヶ月を超えるもの
    • 書面で契約してから8日以内のもの

脱毛サロンよく最初に行われている、数千円の「お試し脱毛」「初回限定キャンペーン」など少額の脱毛施術は、クーリングオフ制度の対象にならないので注意が必要。

つまり、条件を満たす契約は、
消費税を含んだ支払い金額が「50,001円以上」、脱毛コースの終了までの期間が1ヶ月以上であるとなる。

書面で契約をした日にちを1日目として数えるので、1日に契約した場合は8日までに、はがきを特定記録郵便として出せば良い計算になる。

のんびりしていると、消費者が守られるべき法律の適応期間を過ぎてしまうので、「自分には合わない」契約に関しては、すみやかに解約の手続きを取るように心がなければいけない。

[say name=”ヨナガ” img=”https://akinoyonaga.com/wp-content/themes/sango-akn/img/icon-gorin.png”]8日以内というのは、案外”猶予期間が短い”ものです。[/say]

2017年12月1日から、医療脱毛にもクーリングオフが適用可能になった

脱毛の【解約】クーリングオフの手続き方法と適応される条件を解説

これまで、医療脱毛は「医療行為」にあたるため、特定商取引法の適用外…つまり、クーリングオフの適応対象外とされてきた。

政府は27日、一定期間無条件で契約解除できるクーリングオフの対象に、美容医療を加えることを閣議決定した。
毎日新聞:特商法 美容医療も解約可能に 脱毛・シミ除去など5種類

医師による医療脱毛においても、一定数の脱毛トラブル・契約トラブルがあるため、国民生活センターなどに美容医療に関する相談も多く寄せられてきたことなどを背景に、医療脱毛を含む美容医療についても、2017年6月の閣議決定でクーリングオフの対象に加えられた。

2017年12月1日から施行されたので、医療脱毛の場合でも「クーリングオフ制度の適応される契約条件」を満たす契約を解除することが可能になった。

まとめ:大事なのは、君に合った”脱毛をおこなってくれるところ”を選ぶこと

今までは脱毛サロンでしか適用されなかったクーリングオフ制度が、医療脱毛でも適用されるようになったのは、クリニックで医療脱毛を受けたい人にとっては選択の際のひとつ安心材料となる。

とはいえ、クーリングオフをすることが前提ではなく、
脱毛サロンにしても医療脱毛にしても、ある程度の費用がかかることなので、最初から後悔しない脱毛サロン・クリニックを選べるようにしておきたい。

>旅する人におすすめしたい「ヒゲ脱毛」

旅する人におすすめしたい「ヒゲ脱毛」

旅先で過ごす貴重な時間の一部を髭剃りに費やすなんて「もったいない!」と思うの。日々の暮らしはもちろん、毎朝の身だしなみをシンプルにするための、とっておきなヒゲ脱毛をご提供しています。

CTR IMG