静岡グルメ「さわやかのげんこつハンバーグ」を食べてきたっ!

お正月のおせち料理の味にもほんの少しマンネリしたので、帰省ついでに静岡ローカル展開ながら、知名度は全国区の「さわやかのげんこつハンバーグ」を堪能してきましたよ〜!

ルーツは喫茶店。炭焼きレストランさわやか

炭焼きレストランさわやかのルーツは
炭焼きレストランさわやかのルーツは喫茶店だったんですよ

静岡っ子でしたので子供の頃の外食の楽しみだったハンバーグ。その1号店は菊川市というところにいまでもあるんですが、僕が幼少期のころはまだ喫茶店というか、ズバリ「コーヒーショップさわやか」という店名だったように記憶しています。

外食産業の走りの時代という中で、こだわりがあるのか、現在でも静岡県内のみの店舗展開ながらその知名度やファンは全国区な「炭焼きレストランさわやか」。

看板メニュー「げんこつハンバーグ」は味とボリュームとコスパのバランスに大満足

さわやかの看板メニュー「げんこつハンバーグ」
さわやかの看板メニュー「げんこつハンバーグ」

育ち盛りの頃の空腹をガッツリと満たしてくれたのを思い出させてくれる看板メニュー「げんこつハンバーグ」どうですか?250gのボリュームでお値段1,058円(税込み)となっています。

この焼き立ての熱々のプレートの上で「ジューッ!ジューッ!ジューッ!」って音を立てながら運ばれてくる姿っ!

「げんこつハンバーグの魅力」をひとことで言うなれば…

味とボリュームとコスパのバランス!
ではなかろうかと、三十路になっても思うわけでありますよ。

ふーふーっ!ってして一口頬張れば、口の中に広がるジューシーさに(食べ盛りをとっくに過ぎた)僕でもペロッとタイラゲラレルのも味の美味しさがあってこそです。

レア気味が苦手?隠れオーダー方法も教えちゃう!

中身はレア気味だけど…
中身はレア気味だけど…

さわやかでのおすすめの提供のされ方として「レア」状態を推奨しているのですが、赤っぽいお肉の状態が苦手な方は「しっかり目に焼いて欲しい」と伝えればOKであります。当然ながら。

ただ、猫舌の人なんかは、このレア状態で運ばれてきて熱々のプレートの上でジワジワと火が通って行くスタイルでいただく方が最後まで美味しく食べれます。

キーワードは「ハーフ&ハーフ」

また、ハンバーグにかけるソースですが「人気ナンバーワン・オニオンソース」と「デミグラスソース」の2種類が選択できるのですが、普通の感覚だとどちらか一方を選択してしまいそうになるのが通常ですけど…

一度に2つの味を食べてみたい場合は「ソースはハーフ&ハーフでお願い♡」と言ってみましょう。

2個乗ってくる「げんこつハンバーグ」のそれぞれに「オニオンソース」と「デミグラスソース」をかけて提供してくれますよ!
*個人的なオススメはやはり「オニオンソース」です…何ていうのか、最後まで飽きないんですよね…

来店時間によっては2時間待ちとかもあります…

観光や出張などで静岡県内を訪れる際にはぜひグルメの1つにチョイスしていただきたい魅力ある「さわやか」ではありますが…

店舗や来店時間によっては、2時間待ち、3時間待ちなどという大混雑のタイミングもあります。時間に制約のある状態では気をつける必要がありそうです。

炭焼きレストランさわやか
WEB:http://www.genkotsu-hb.com/
*営業時間などは店舗によって異なりますので、公式ホームページをご参照ください。

以上、静岡っ子BOKUNARIがお届けしました〜。ごちそうさまでした。

>旅する人におすすめしたい「ヒゲ脱毛」

旅する人におすすめしたい「ヒゲ脱毛」

旅先で過ごす貴重な時間の一部を髭剃りに費やすなんて「もったいない!」と思うの。日々の暮らしはもちろん、毎朝の身だしなみをシンプルにするための、とっておきなヒゲ脱毛をご提供しています。

CTR IMG