プロローグ

1990年代、まだ地方には「管理教育」という文化が色濃く残っていた時代…。
学校生活において教師と生徒、また特に体育会系の部活では、先輩後輩の厳しい上下関係やレギュラー部員と補欠における身分差みたいなものが散見できた時代だった。

そんな時代に青春時代を送り、思い出・妄想・フェチと現実の間に生きる、あるゲイの物語。

現在の最新記事

ストーリー

あの日から止まった僕の時間…。
うっ…うっす…先輩。うっす…レギュラー様。

服の下には、管理教育時代の生徒手帳に書かれていたように、白ブリーフと白ソックスの着用を命じられ、生活することになった「僕」。

それはほんの序章に過ぎなかったのかもしれない。

いつまでも過ぎ去らない時間の中を、どれだけ彷徨っているだろう。

冷たく光る手枷に映る姿には、もうあの日以前の「僕」の輝きはない。

無残にも体育会系の一年奴隷以下に刈られた、五厘坊主の丸刈り頭。

そして、僕の置かれた身分の証として股間には貞操具なるものが装着されている…。

また1日が過ぎ去った。「僕」以外のすべてには…。
これは夢か現実か、あるゲイの物語。

管理教育

学校(教員)が一元的に児童・生徒の在り方を決定し、これに従わせる様式の教育方法、ないしその方針である。主として、命令一下による集団行動の徹底に重きを置く。
Wikipedia:管理教育

フェチトーク
ゲイSMイベント情報
0

2017年3月の関縛開催情報

縄の拘束による非日常な世界。初心者も参加しやすい、ゲイSM愛好者としての友達づくりにも最適なイベントが開催されます。